猫の鳴き声が変!ネコがよくする「にゃーん」「シャー」「ゴロゴロ」など意味するところ

猫の鳴き声が変!ネコがよくする「にゃーん」「シャー」「ゴロゴロ」など意味するところ

猫ちゃんを飼っていると様々な鳴き声をすることに気付くはずです。

 

代表的なのは「にゃー」や「シャー」や鳴き声とは少し違いますが喉をゴロゴロ鳴らすとかありますね。

 

猫の鳴き声は約20種類もあるとの事なのでここでは、猫ちゃんの代表的な鳴き声の意味を紹介したいと思います。

 

<猫の鳴き声の意味について>

 

・にゃー(ん)

 

猫と言えば定番のこの鳴き声は、飼い主さんにごはん頂戴や遊んで欲しいなど何かを要求している時です。

 

又、「にゃ」と短い鳴き声の場合は、飼い主が猫ちゃんに話しかけたときによく聞く鳴き声で、
ちょっとした返答だと思って良いと思います。

 

言葉にならないけど口先で「にゃーん」と鳴くのは、子猫が母猫に甘える鳴き声です。
この声にならない鳴き声は「サイレントニャー」という別名が付いています。
なので飼い主に対してこの鳴き声をする時は甘えたい時なので可愛がってあげましょう。

 

・シャー

 

我が家の猫ちゃんは動物病院の診察で獣医に向かって「シャー」をよくやります!

 

又、しつこい位にベタベタ触ったりすると「シャー」します。

 

これは、威嚇ですね。

 

猫ちゃんが「シャー」という鳴き声を上げる時は、警告や威嚇を意味していますので無理矢理触ったりしないようにしましょう。

 

・ゴロゴロ

 

喉を鳴らしてゴロゴロという音をたてる時はとてもリラックスした状態にあります。
喉のあたりをさすってあげるとよくゴロゴロしますよね。
気持ちいいのだと思います。

 

・カッカッカッ

 

我が家の猫ちゃんは鳥をみるとこの鳴き声をよくします。
そして、尻尾を左右に振って獲物めがけて飛び掛かっていきます。

 

この鳴き声は、獲物を見つけて興奮したときに鳴く声です。

 

この他、発情期のときに鳴く声もありますが、我が家の猫ちゃんは去勢しているので聞いたことがないので
今回は紹介しませんでした(笑)