猫の年齢は人間でいうと何歳?完全室内飼いと野良猫では平均寿命の差が顕著!

猫の年齢は人間でいうと何歳?完全室内飼いと野良猫では平均寿命の差が顕著!

猫ちゃんは、人間よりも1年毎の成長がとてもはやいのであっという間に人間の私達よりも年を取ります。

 

ここでは、猫の年齢は人間でいうと何歳になるのか目安を載せておきますね。

 

<猫と人間の年齢 成長の差>

 

猫の年齢・・・人間の年齢

 

1か月・・・1歳
3か月・・・5歳
6か月・・・10歳
1歳・・・17歳
2歳・・・23歳
3歳・・・28歳
4歳・・・32歳
5歳・・・36歳
6歳・・・40歳
7歳・・・44歳
8歳・・・48歳
9歳・・・52歳
10歳・・・56歳
11歳・・・60歳
12歳・・・64歳
13歳・・・68歳

14歳・・・72歳
15歳・・・76歳
16歳・・・80歳
17歳・・・84歳
18歳・・・88歳
19歳・・・92歳
20歳・・・96歳

 

一応、1歳に満たない猫は「子猫」となります。
1歳から立派な大人の成猫、7歳を過ぎたら人間で言うとシニア(中年)・・・そうです、老化が始まってしまう時期だと言えます。

 

ただし、この目安はあくまでも室内飼いの猫ちゃんの場合です。

 

外で飼っている猫や野良猫の場合は、年をとる毎に室内猫よりも年齢差が開いてしまいます。

 

10歳の室内飼いの猫を人間に換算すると56歳に対して、野良猫の場合は90歳近くになってしまいます。
野良猫は、様々な病気になりやすく事故などに遭遇する可能性も高いので平均寿命は4〜5年位なんですよね。

 

ちなみに完全室内飼いの猫は、良質なキャットフードなどの開発もあり平均寿命が毎年、伸びていると思われます。
15年以上生きている猫ちゃんも多く20歳超えている長寿猫もよく聞きます。

 

最近、目につくキャットフードに「15歳を超えた猫用」「20歳を過ぎた猫ちゃんに」などをみても平均寿命が延びているんだなぁと思わせます。

 

そして、ギネス記録になっている超長寿猫は、何と38歳だとか。

 

大切でかわいい愛猫ちゃんに長生きして貰いたいならやっぱり室内飼いで一番だと思います。